弁当デリバリーの話

ここ数年で、弁当屋のデリバリーサイトが増えています。有名なところだと、出前館、楽天デリバリー、ぐるなびデリバリー、ごちくる、くるめしなどありますが、ここ数年でどんどん増えています。

忘年会が居酒屋ではなく会社で開催する企業が増えていたり、病院の先生に対してする接待が飲食店で出来なくなったり、世の中のお酒離れが進んでいたり、最近の傾向は、外食(特に居酒屋業態)には不利な流れが進んでいます。

そんな中、中食と言われる弁当のデリバリーサイトが出来てかつどんどん成長しております。どのようなところから注文が入るのか説明します。

今この中食産業の市場規模は、約800億円と言われています。私も会社で実際にお弁当事業部を持って稼働しておりますが、ほとんどが製薬会社の営業(MR)の方が病院や調剤薬局に持っていく弁当です。

その他には、テレビ局、舞台などのロケ弁。うちの弁当屋では2ヶ月に一回ぐらいの注文数です。あとは、会社の重役クラスの会議用弁当もたまに入ります。

後は、私も飲食店を経営していて特に今年感じておりますが、忘年会を飲食店ではなく、会社でやるところが増えているようで、サイトからパーティメニューを注文して飲み物は配達してくれる近くの酒屋さんから取るようです。

単価は大体お茶付きで2000円くらいです。こんな高い弁当売れるのと思われる方も多いと思いますが、買い手が法人(会社)なので個々の会社が予算として一人前いくらまで使っていいと価格を決めているので、高いとか高くないとかという考えではありません。どちらかというと他店より料理内容で上回ればいいという感じです。

実際のうちの数字でいうと3ヶ月目で月売上400万円近く行きました。少し私自身もびっくりしましたが。ただサイトによってパーセンテージは違いますが、手数料(配達料、カード手数料、サイト掲載料など込みで20〜45%)ぐらい取られるのでそれを計算した商品原価で作る必要があります。

店舗の場所も好立地にする必要なく安い家賃のところで開業出来ますし、かつ注文も予約でしか入ってこないのでロスも出ません。

現在お店を開業されている方でも、1日の数量指定をして出来る範囲でやるのはオススメです。もう少し売上を上げたい時にランチをやるより確実な戦略だと考えます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です