電子メニューの話

どこのお店が1番早く導入したかはわかりませんが、回転寿司が世間に認知させた、電子メニュー。もともとカラオケボックスなどではよく見かけたが!

実はうちの店でも2年くらい前に導入しました。社員、アルバイトみんなに意見を聞きどう思うかと・・・答えは、30歳以上のスタッフはみんな反対で20歳代のスタッフはみんな賛成でした。

なぜかを聞いてみると、反対派は、

・お客様とのコミュニケーションをとって初めて対価としてお金が頂けると。

・機械まかせにしたらお客様が減る。

・導入費用が高すぎる。

賛成派は、

・料理、飲み物の提供スピードが上がる。

・コミュニケーションは料理、飲み物提供時に取れる。

・スタッフ達も余裕が出来、また違うサービスが出来る。

などなど、私自身はもちろん賛成派はなのでみんなが反対と言っても導入する予定でしたが、まぁいろんな意見が出て面白かったです。

ちなみに導入費用は、200万円くらいです。[ハンディ一台(iPod)、電子メニュー6台(iPad)、レジ一台(iPad)これと、アプリ取得、インターネット環境設備などすべてのこと]なんとなく、POSレジ導入費用と同じぐらいですかね。

初めはお客様がどんな反応かなと少し心配はありましたが、お客様も回転寿司で慣れているのでなんの問題もなく自然に溶け込みました。

何よりのメリットは、人件費の削減が出来るところですね。とくにうちは削減どころかスタッフがいないので特に今大助かりです。たまに電波の影響でフリーズすることはありますが、使用にあたってはほぼ問題なしです。人間と違って文句は言わないし、風邪は引かないし、まかないはコンセントに挿すだけですから!なんて素晴らしいスタッフなんだと思ってしまいます。ちなみに休みなしで、月給3万円です。導入費用を6年償却するイメージです。

実際に、人件費だけで年間70万円ぐらいは削減できています。新しいものは嫌いだという人もいますし、人との繋がりが何よりも大切だという人もいますが、時代の流れから見ても今後電子メニューは多くの店で使われていくと考えます。そして、それが当たり前になりように感じます。

なんでもそうですが新しいこと(周りがやっていないこと)をするとまずは批判がでます。しかし、過去と同じことだけでは今後生き残れません。メリットのある新しいものを取り入れながら飲食店もどんどん進化していく必要があると考えます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です