飲食店経営者の仕事の話

今年は本当に人材面で悩まされました。開業してここまで人に悩まされたのは初めてです。何がきつかったかと言えば1つです。重なり過ぎたと言う事です。

今年1年の内の話をしますと、今年の3月に急に私の2番手が辞めたいと言って来ました。一度は引き止めましたが、やはり辞める決意が硬く退職する事に!退職理由が曖昧でなぜ辞めるかも未だにわからないのですが・・・まぁ言えないと言うことは、言えない理由があるのでしょうが・・・

そして8月に別店舗の社員2人が喧嘩して1人が来なくなり退職し、10月にもう1人社員が辞めたいと・・・内の会社、社員6人しかいないのに1年で3人辞めちゃうんかいと・・・

なかなか辞めたいと言われると私の性格上、去る者追わずな考えなので引き止めることはしたくないんですが、ここまで重なると・・・

結局3人とも辞める事に・・

まぁこんな事も会社を経営していればあることかなとは思っていましたが、少し早いタイミングでこの事態が起きてしまったので、私も経営者!今いるスタッフが路頭に迷わない為にも他の事業(飲食関係ですが)は考えていました。少しまだ準備は万全ではなかったのですが新しい事を始める事に!それと並行してもう1つ新しい事も始めました。今年の9月から始動してこの2ヶ月でだいぶ軌道に乗って来ました。

経営者たるもの1つのことだけやっていくのは勿論大切なことですが!予期せぬ事態が起きたときどう対処出来るかが何よりも重要な仕事だと考えます。事前準備ですね。経営がうまくいっている時に最悪を考えて、その最悪が起きた時、資金面や人材面などなどすぐに動けるか!ここが経営者の1番しなければいけない仕事だと!

私も今年1年の出来事で本当に実感しました。実際2番手の社員が辞めるといって来た時、どうしようと相当悩みました。しかし辞めると決まった時は、次のスタッフと求人募集を出し動いたものの全然集まらず・・・その後またスタッフが次々に辞めるとなり、この流れ経営方針を変えなければ会社が潰れると感じました。そこからです。今までためていた新しい事業にシフトチェンジです。上手く行くか行かないかはまだしっかり結果が出てないですが。見込みと流れは、良い方向に向いています。

飲食店は人材で大きく会社が左右されますし、一歩間違えれば簡単に潰れます。その時何が出来るか!何をしなければいけないか!を考える事が本来やるべき経営者の仕事だと考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です