1店舗目を開業した時の話

飲食店を開業する為には、

  • 不動産(店舗)

が準備出来れば開業できます。私が1店舗目のお店を開業した時の話なんですが、全てが初めてのことで何もわからずはじめたのですがまず探したのが不動産(店舗)でした。休みの日は毎日色んな物件を見に行き、なかなか自分が出来る家賃、広さが見つからず1年くらいはかかりました。その中で後少し家賃が安ければ出来ると思った物件があり、とてもやりたかったのですが後3万円安いと利益を出しやすい計算でした。もちろん3万円も家賃を下げてはくれないとわかっていたのですが物は試しに言うだけ言ってみよう。と相談したら家賃を下げるどころか私よりも先に申し込みした人が三人います。もちろんその方達はそのままの家賃で入られますので!と、それはそうだよなと安くなんかしてもらえるわけないと・・・その物件は諦めました。その後も色んな物件を見に行っていました。その物件のことも忘れかけてたのですが、三ヶ月くらいは経っていたので、不動産から電話がありすぐに契約してもらえれば私が提示していた価格でいいですよとの答えが返ってきました。そんな急に言われてもと思いましたが、これはチャンスだと思い契約をしてしまいました。しかし、もちろん他のお店で働いていたのでまずは辞める話から始まりました。家賃発生も伸ばせるだけ伸ばしましたがゆうてもです。何せ全てが初めてだったのでかつ1人だったのでわからないことだらけ・・・働いていたところの社長にはいやみを言われて裏切り者扱い・・・精神的にもかなりきてましたね。

その後内装業社、仕入れ業社、スタッフ集め、資金の借入、など約2ヶ月で全てをしないと家賃発生も始まるので・・・もちろん働きながらです。今考えると無計画にもほどがあります。でもなんだかんだでやれば出来るものですね。すべてを2ヶ月半で1人でやりました。結局オープンの一週間前までは働きながらでしたね。でも、それが出来れば次はそれ以上が出来る様になり人は成長していくんだと思います。

因みにオープンの3日前にレセプションをやったのですが、スタッフも全員初めて会う同士だったので営業自体はボロボロでした。知り合いしか呼ばなかったので怒られたりはなかったのですが私自身の精神面は不安だらけに変わり、やっていけるのかと・・・しかし良くも悪くもでオープンしてからお客様は全然来なくその心配はなくなりましたが・・・

オープンして一年間は本当にお客様は来なかったですね。一年目の数字を見るとゾッとします。因みにいまは当時の三倍の売上があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です