個人事業主のお店の話

個人事業主で1店舗だけでお店を切り盛りしている仲間がおり定期的に飲み会をしているのですが、話はいつも仕事の事になり、本当に景気が悪いと!店によっては今後どうしようと悩んでいる方もいます。私自身もそのお店に食べに行くのですがそこまでお客様がいないと言うわけではないのですが実態は厳しいようです。

何故かと聞くといい時と悪い時の差が激しすぎる。結果お客様が集中して来る日、全く来ない日があり売上が上がらない。今に始まった話ではないのだと思いますが・・・どうすればいいんだろう。と悩んでいる個人事業主はとても多いです。私的には色々売上を上げる方法はあると思うのですが、ほとんどの方がいいわけをいい出来ないよと・・・じゃあ売上も上がらないでしょ!!!と思うのですが・・・

多分、個人事業主として開業された方の多くは、開業当初この店で売上あげて金持ちになってやる!と借金をしてはじめられたと思いますが、年数が経つにつれ誰からも何も言われず自分に甘えしまうのだと思いますが、いいわけを言ってても何も始まらないんですがぁと思うことが多々あります。なんか最近その飲み会が少しつまらなくなっています。

飲食業界は2年以内に50%のお店が潰れると言う統計も出ております。特に個人事業主で開業された方は10年以上どこかで修行されて、お金を貯めて、足りない分は借金をして、はじめられたはずなのに時が経つと言い訳が多くなり、雇われていた時は出来ていたことも出来なくなり(やらなくなり)閉店に追い込まれる。なら独立しないほうが収入面でも生活面でも安定なのかもしれないですね。

最近の傾向として、若者の酒離れは確実に進んでいます。今までと同じ様な飲食店の営業ではなかなか売上を上げるのは難しいですね。何故か!今までの飲食店の利益はお酒でまかなっていたので・・・しかもアベノミクスでインフレになってきている今、料理で利益を取るのは難しい。単純に値段をあげれば利益は出ますが、まだ好景気の兆しが日本にはきていない、お財布の紐は閉まったままです。値段を上げればお客様は減るでしょう。それ以上の魅力があれば話は別ですが!その店はもう利益出てるんでしょうけど!

今後の飲食業界どんな時代になるか大きな分岐の時期に入ったなと実感しています。大手もどこかしら潰れる様な気がしますし、潰れなくてもm&aでどこかが買収(もう始まっていますが)するでしょう。自社も倒産しない為に世の中の時代に合わせ生き残りたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です